不倫による慰謝料請求

banner

用語や制度の概要

「浮気されていた」
「浮気相手から慰謝料を払ってもらいたい」
「でもどうすれば良いか分からない」

そういった人たちのために、当サイトでは情報を提供しています。
法律について知識がない人でも分かりやすいような内容になっています。
慰謝料を請求したいと思っている貴方にとって少しでもお役に立てれば幸いです。

しかし、情報を厳密に伝えるため、難しい説明をせざるを得ないような箇所も出てきます。
あらかじめ、用語や制度の概要について簡単に紹介しておきます。

【用語】

慰謝料:精神的損害(精神的苦痛)に対する損害賠償金
配偶者:法律上での結婚相手(夫または妻)
財産分与:夫婦共同の財産を、離婚の際に清算、分配すること
養育費:離婚により、子どもを引き取って育てる親が、もう一方の親から子供を育てるための費用を分担してもらうもの
探偵:調査業者の一種で、依頼を受けて調査、情報収集を行い報告する職業
不貞行為:法的に不倫と認められる、性的関係が認められる行為
不法行為:違法行為により他人の権利を侵害し損害を生じさせる行為のこと。犯罪とは別物。

【制度】

<離婚の方法>
離婚には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3つがあります。
協議と調停離婚は、夫婦双方の同意があるかどうかがポイントです。一方、裁判離婚では不貞行為が認められるかどうかがポイントです。

<慰謝料>
慰謝料は、浮気をした相手(配偶者)と、その浮気相手の両者から取ることが可能です。
どちらか一方だけに支払ってもらうこともできます。
慰謝料が認められるには…
1.婚約以上の関係が認められるカップル
2.性的関係を結んでいる
3.浮気相手に請求するには、故意・過失があったこと、および強姦の被害者ではなかったこと
4.浮気していた時に、すでに夫婦関係が破綻していなかったこと
という条件をクリアする必要があります。

<慰謝料の相場>
慰謝料には相場が存在します。
とはいえ、その額は、いくらと特定はできず、様々な要素が考慮された上で決められます。
特に重要視されるのは、相手の責任の度合いと、結婚歴になります。
結婚1年以内だと相場は100~300万程度、20年以上だと500~1000万程度になります。

いかがでしょうか?だいたいのことをお分かり頂けましたでしょうか?
詳細は、各ページに説明があるので参考にしてみて下さい。
早期解決安心明朗会計の浮気調査ならプランニー

探偵 大阪 コスモサポート 安心・堅実の探偵社
探偵 大阪 コスモサポート
Copyright(c) 2013 不倫による慰謝料請求 All Rights Reserved.